上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--    cm

100000ヒットですね、ありがとうございます。
記念動画置いときますね



てもちょっと前に取った奴ですが。
地味です。

これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
04/29  tb(0)  cm(4)

おはようございます。
週末に更新しようと思ってたけど出かけてました。

Picture 26

先週に原付の免許を取ってきました。
48問で1問2点、3点問題が2つで90点以上合格。
裏講に行ったので98点をたたき出して合格しましたよ、ええ。
いつになっても試験は慣れません。

まあそんなことはどうでもいいんですが

最近はこち亀にハマってまして。
単行本は買ってないんですが兄、姉及び親が昔集めてまして
150前後までは家のそこらへんに落ちています。
話として面白いのは100巻前なんですが、最近の妙にディープな話もヒマつぶしに丁度いい。
でも両津がただのオタクになってるのはどうかと思いますけど。

山奥で晴れると「平和」がぴったり当てはまる環境になるので
縁側で平和なマンガを読みながら日光に当たるのが気持ちいいんです。

オチ付けようと思ったけど寒いので風呂入って寝ます
おやすみなさい
04/27  tb(0)  cm(1)

どうも。

学校の教師の2/3が入れ替えになって色々面倒です。
昨年度よりきつくなりました。定時なのに。


biohazard_5_title_081127.jpg

友人宅に泊まりに行くと置いてあるバイオ5
最近ハマりまくってまして、行くたびに半日は二人でマーセナリーズをプレイしています。
ほぼ半分は俺が死んでスコアすら出せません。4に比べて難しすぎる。

haze曰く5はバイオと認めないだそうですが、俺にとってはこういう感じのが肌に合ってるようで。
通したストーリーの進行の都合上で以前と違うゲーム形式になったんだ!と主張し続けています。バイクに乗って追いかけてくるゾンビには笑いましたが。

まあとにかく5が大好きで真剣にPS3を買おうか一晩悩んだほど。
「飽きたら絶対後悔するんだ」と自分に何千回と言い聞かせた結果、やってなさそうな友人に借りることにしました。

諦めてませんよ、ええ。
おやすみなさい。
04/19  tb(0)  cm(6)

何かよく分からん広告が出てましたね。
fc2がアカマイっていう表示を早くするツールを導入したようで、それを使ってると広告もくっつくらしいです。
うざいので消しました。

黒moonzを使い始めて半月近く。
グリップがなぜかベタベタなので銀HGGを入手したいわけです。

てことで銀HGG募集します。
大したペンを持ってないので買取になりますが、それでもいいって方はsaizen@live.jpまで。
よろしくお願いします。

04/10  tb(0)  cm(1)

黒ムーンズをちょっと前に貰ったので
ずっとそればっか回してます。愛




今までそこそこ重いペンを使ってたせいでmoonzに慣れるまで時間かかってました。
最近やっと大技(俺にとっての大技は中盤のFL12を指す)ができるようになってきたんで撮影。

もっと円軌道で回せれば映えるFSだと思うんだ。
要練習ですね、まだ。
04/09  tb(0)  cm(4)


85c63b91.jpg


 少し前にベッドタイム・ストーリーを見てきました。
 元々はおくりびとを見ようかと思ってたんですが観客の多さとおばちゃんの多さを見て、これは場内うるせーだろうなって事で急きょ変更。ディズニーです。寝る前にした話が現実になるってストーリーのコメディで、多少展開にムリがあるもののなかなか楽しめました。

 海外の映画は必ずハッピーエンドになるって話を聞いたことがあります。鬱系やらバッドエンドで人気が出る映画ってのは日本産の日本向け(そのほかの国も多少ありますが)ばっかりで、アメリカやらそこらへんはハッピーエンドじゃないと人気が出ないとか。
 僕は日本人ながらそれに当てはまってまして、鬱系は重い足取りで映画館を後にする事になりかねないために映画の変更には大賛成。海外製ならおそらくハッピーエンドだろうと。

 と思ってホールに着席して上映開始。結構な頻度でジョークが出てくる、なかなかうまいこと言っててホール内からたびたび笑い声が飛ぶ。
 終始想像通りの展開で、軽快→多少仲が決裂、ちょっと寂しい展開→片方が危険な目に→もう片方がギリギリで助けて仲直り、すべてうまくいくといった具合でした。やっぱりハッピーエンド。まあディズニーですしね。
 テンプレ通りの展開でしたがなかなか楽しめました。


そういえば
001.jpg
 
スカイ・クロラ
も見ました。DVDで。
 さいだーが布教して以来ペン回し界の一部に旋風を巻き起こしている作家 森 博嗣(変換で出ないので「もりひろしし」で変換する)原作の映画である。カッコ書きのせいでかっこよく決めれなかった。

 とにかくスカイクロラを見たわけです。

 The Sky Crawlers (空を這うもの)

 センスありすぎ。その名の通り飛行士の話です。ショーとしての戦争に参加する少年たちの物語とでも言えばいいんでしょうかね、あんま言うとネタバレになって方々から殺されそうなのでこんな感じです。一般的には二回見ないと分からない映画って認識らしい。
 終始どんよりした雰囲気で、原作の世界観を忠実に再現しとるなーという感想。キャラクターの語りに森さんを感じます。
 といっても実はスカイクロラの原作はまだ見てません。原作の世界観を~ とか言っちゃいましたが。森さんの小説は独特の雰囲気があって、それらがどの本にも例外なく出てるので恐らく、ってだけなんですけどね。映画から原作のセリフ回しとか形容が想像できます。さいだーその他は原作見たか知らんけど、見てないで映画を見たら恐らく理解してもらえるんじゃないかと。それだけ世界観の一致した映画でした。


何か色々書いて疲れた
続きはimuとのメッセ。見る必要は特にありません。
04/03  tb(0)  cm(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。