上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--    cm


85c63b91.jpg


 少し前にベッドタイム・ストーリーを見てきました。
 元々はおくりびとを見ようかと思ってたんですが観客の多さとおばちゃんの多さを見て、これは場内うるせーだろうなって事で急きょ変更。ディズニーです。寝る前にした話が現実になるってストーリーのコメディで、多少展開にムリがあるもののなかなか楽しめました。

 海外の映画は必ずハッピーエンドになるって話を聞いたことがあります。鬱系やらバッドエンドで人気が出る映画ってのは日本産の日本向け(そのほかの国も多少ありますが)ばっかりで、アメリカやらそこらへんはハッピーエンドじゃないと人気が出ないとか。
 僕は日本人ながらそれに当てはまってまして、鬱系は重い足取りで映画館を後にする事になりかねないために映画の変更には大賛成。海外製ならおそらくハッピーエンドだろうと。

 と思ってホールに着席して上映開始。結構な頻度でジョークが出てくる、なかなかうまいこと言っててホール内からたびたび笑い声が飛ぶ。
 終始想像通りの展開で、軽快→多少仲が決裂、ちょっと寂しい展開→片方が危険な目に→もう片方がギリギリで助けて仲直り、すべてうまくいくといった具合でした。やっぱりハッピーエンド。まあディズニーですしね。
 テンプレ通りの展開でしたがなかなか楽しめました。


そういえば
001.jpg
 
スカイ・クロラ
も見ました。DVDで。
 さいだーが布教して以来ペン回し界の一部に旋風を巻き起こしている作家 森 博嗣(変換で出ないので「もりひろしし」で変換する)原作の映画である。カッコ書きのせいでかっこよく決めれなかった。

 とにかくスカイクロラを見たわけです。

 The Sky Crawlers (空を這うもの)

 センスありすぎ。その名の通り飛行士の話です。ショーとしての戦争に参加する少年たちの物語とでも言えばいいんでしょうかね、あんま言うとネタバレになって方々から殺されそうなのでこんな感じです。一般的には二回見ないと分からない映画って認識らしい。
 終始どんよりした雰囲気で、原作の世界観を忠実に再現しとるなーという感想。キャラクターの語りに森さんを感じます。
 といっても実はスカイクロラの原作はまだ見てません。原作の世界観を~ とか言っちゃいましたが。森さんの小説は独特の雰囲気があって、それらがどの本にも例外なく出てるので恐らく、ってだけなんですけどね。映画から原作のセリフ回しとか形容が想像できます。さいだーその他は原作見たか知らんけど、見てないで映画を見たら恐らく理解してもらえるんじゃないかと。それだけ世界観の一致した映画でした。


何か色々書いて疲れた
続きはimuとのメッセ。見る必要は特にありません。
imu さんの発言:
hi
Saizen さんの発言:

imu さんの発言:
how are you?
Saizen さんの発言:
good
imu さんの発言:
ok
imu さんの発言:
bye
Saizen さんの発言:
おい

---

imu さんの発言:
ちょっとたんま!寒いから 上半身に服を装備してくる
Saizen さんの発言:

imu さんの発言:
下半身はまだいいや
imu さんの発言:
ん?
Saizen さんの発言:
ん?
Saizen さんの発言:
シャツにパンツの井村である
imu さんの発言:
こうか!
http://www.kimonoya.biz/pic-labo/limg/g-1735.jpg
Saizen さんの発言:
何が こうか なんだwwwwwwwwwwwwww



まじめに記事を書いたあとだとバカらしくてかなわん
04/03  tb(0)  cm(4)

こうかってなんですかねww

わざわざURLを探してくるあたりが、天才的ですねwww
[ 2009/04/04 05:06 ] [ 編集 ]

最近、僕は「ワルキューレ」という映画を見に行きました。
あれは海外の映画なんですが、最後、ハッピーエンドで終りませんでしたw
ディズニーと最後に関わった日は去年ディズニーランドに行ったことしかないです^^;
[ 2009/04/04 13:14 ] [ 編集 ]

わやですねwww

imuさん最高です~
[ 2009/04/04 14:14 ] [ 編集 ]

さすがimuさんwww
[ 2009/04/04 17:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zensai.blog78.fc2.com/tb.php/123-4d413d2c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。