上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--    cm

さて、最近では珍しい連続更新です。

http://www.youtube.com/watch?v=DgDI6v35pmI

Star Drive Anotherですって。今更ながら見つけました。
いいですねー、けっこう原作に忠実に作ってあります。
ただSaz'ectらしさを出せていないのが残念です。


本日会社説明会に行っておりまして、先程帰宅しました。
勉強する気力もないので、専門で習ったデザインの知識をペン回しと絡めてお教えします。
参考になれば幸いです。

■フォント
フォントは大事です。MS ゴシックとかあんまり使わないほうがいいかも。。。
あんまり種類が無ければ、小塚ゴシックとかメイリオ、ヘルベチカとかだといいかも。
ソフトで変えることができれば文字間の空間も詰めたり開けたりするといいです。

■画面配置
でかい文字は使わない。邪魔になります。
あくまで邪魔しないように。。。ということを念頭に。
また偏りもよくないです。右にばかり情報が寄っているなどは無いように。
ペン回しの動画自体がどのくらい目を引く情報なのかを考えてバランスを大事に。

ちなみに、冒頭のStar Drive Anothorもこの理由が大きく起因しております。
この記事を見た上でもう一度見てみてください。

■エフェクト
派手すぎるものは控えましょう。前述のように「邪魔しないように」。
味付けとして使いましょう。「技術におぼれてはいけない」という言葉もあります。
たくさん使いたければ、OPに使いましょう。あそこが技術の見せ所です。

■構成
音楽との兼ね合いを考えてみましょう。
すごい技を使っている人が居れば盛り上がる場所に。安定感がある人ならどこにでも合います。
切り替えも曲に合っているとテンポよくなりますので、そこらへんも考えながら。

■テーマ
色、形、物、なんでもいいです。
何かテーマを決めましょう。楽しい、静か、ガラスっぽい、牛乳とかでも。
テーマを決めて頭の端に入れておけば一貫性のある動画になります。


あと、撮影する際に言いたいことがあります。

動画は部屋を明るくできるならしたほうがいい。
画面ブラしすぎは見えない。
画面からはみ出すぎるとよく分からない。

ま、これが個性となっている方もいるのですが、それでしか判断できないというのはどういうものかという感じがあります。
それは技術だとかクセで覚えてもらっている訳ではないので。。。
言ってしまえば誰にでもできます。自分にしかない何かを見つけてほしいものです。
ブレてたらそれも見つけられませんしね。

そんなとこでしょうか。
心の隅に置いといてもらえると幸いです。
02/10  tb(0)  cm(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zensai.blog78.fc2.com/tb.php/166-947262a9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。